前へ
次へ

顧問弁護士のメリットと必要性とは

トラブルを起こす毎に弁護士にお願いするとなると、まず第一に予約を取って、それ以後面談を実行し、トラブルの中身を伝達するという一連の手続きを積み上げた上で、最終的に紛争の解決に歩み始めるので、必然的に時間的ロスがもたらされ易くなります。
一方で、顧問弁護士のケースでは、電話もしくはメール一本でコミュニケーションを取ることができ、場合によっては休みの日に応じてくれる弁護士も少なくありません。
それに加えて、顧問弁護士については該当の会社の習性を把握できているので、概要についてふたたび伝えることなく、速やかに要望に見合った形で、紛争解決にあたって貰えます。
さらに、顧問弁護士が居るなら、トラブルが現実化する前に相談することができるので、紛争を前もって防いだり、素早く解決することができます。
概して、訴訟にかかわってからようやく弁護士が介入したとしても、勝訴や敗訴の判断に影響を及ぼすような対処は困難であるとされています。

Page Top