前へ
次へ

弁護士が顧問契約の締結を行なうメリット

弁護士が顧問契約の締結を行なっている場合、顧問先より相談や依頼が来たケースで、優先的に取り組んでくれます。
契約書を作り込むにあたっては、高レベルな法知識が必要とされます。
トラブルになった状況での管轄裁判所は何処にするのか、判決を手にしても執行をすることができるのかなど、色々なことを記入しておくことが不可欠です。
顧問弁護士を雇い入れることを通じて、契約書作成からチェックまで、弁護士に対して相談できます。
また、労務トラブルに対する対処ができます。
社員の雇用から退職した後まで、会社と社員との間には、労務問題を起こす危険性があります。
殊に中小企業は、社員が多くないため労務問題を招いた場合、企業運営に与えてしまう影響は大きいといえるでしょう。
顧問弁護士を起用することで、就業規則や雇用契約書などが正しいのか解析してもらうことにより、紛争を阻止することができ、紛争が見られた際にも、スピーディーに臨むことが可能です。

Page Top