前へ
次へ

顧問弁護士を付けるメリットとは

顧問弁護士を付けると、法律上多くの利点があります。
まず債権の回収のトラブルに対するメリットです。
売掛債権などを回収する際、弁護士に対する相談が遅くなると、取り損ないという事になりかねません。
そうなってしまうと債権者、すなわち企業が経営破たんすることにもつながってしまうかもしれません。
さらに、 内容証明に因る対処ができます。
債権回収には、まず第一に催告を行なうことが不可欠です。
催告として内容証明郵便が存在します。
内容証明郵便については、債権回収にあたって少なからず効果を発揮します。
内容証明郵便を踏まえての督促は、その記載の中身が重要となります。
中身に不備が見られると、後日訴訟を実行した場合、主張と矛盾が出ているとして、不利益な判断を受ける事が考えられるからです。
加えて、回収の代行業務があります。
回収すると言いましても、催促、訴訟、強制執行という一連の手続きを経る必要があります。
裁判ともなれば高い水準の法知識が欠かすことはできません。

Page Top