前へ
次へ

4月より改正、有給が義務化される労働基準法

今年の4月1日より労働基準法が一部改正になり、それまで義務化されていなかった有給休暇の取得が、年間に5日間の取得が義務付けられる事となりました。
労働者は本来、入社から半年且つ出勤率80%以上で有給休暇が取得出来ますが、実際それを使えるかと言うと決してそうではありませんでした。
実際諸外国と比較しても有給取得率が著しく低い事が問題視され、この度働き方改革の一環としてこの有給義務化が導入されました。
簡単に説明すると、企業は労働者に対し、必ず一年間の間に有給を5日間取得させなければならないと言うルールを設けてそれに違反をすれば企業側が罰せられると言うシステムとなっています。
これまでは職種によっては中々有給をとりづらい職場もありましたがこのルールによって有給を取得しやすくなると言う大きなメリットが生じます。
とはいえ時期によっては誰かと有給が被ってしまう、繁忙期に当たってしまう等の問題点にも直面しますので取得には十分な調整が必要となってきます。

Page Top